港区や新橋駅周辺の賃貸事務所 > ブログ記事一覧 > オフィス物件の意外な盲点!?必要な電気容量の確認をお忘れなく

オフィス物件の意外な盲点!?必要な電気容量の確認をお忘れなく

≪ 前へ|集会室や体育館などの施設が利用できる港区の港勤労福祉会館とは   記事一覧   丸の内オフィス街で行われる「企業対抗イベント」のご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:事例

オフィスの新設や移転の際、物件探しでまず思い浮かぶのは立地のよさや広さ、デスクなどのレイアウトのしやすさですよね。

 

でも実は、オフィスで必要とする電気容量の確認も重要なポイント!

 

今回は、入居後「ブレーカーが落ちて仕事にならない!」なんてことにならないために、電気容量確認の重要性をご紹介します。


オフィス物件の意外な盲点!?必要な電気容量の確認をお忘れなく


快適に仕事が捗るオフィス物件 必要な電気容量はどれくらい?


自宅で電子レンジやドライヤーを同時に使ったら電源ブレーカーが落ちた、という経験はありませんか?

 

実は電源ブレーカーが頻繁に落ちてしまうというトラブルは、オフィスでもよくある事例です。

 

仕事で使うパソコンやコピー機、プロジェクター等の電子機器はもちろん給湯室の冷蔵庫や電気ポット、電子レンジなど、オフィスに必要な電源は意外と多いもの。

 

もしもオフィスを移転する場合は、いま使っているオフィスのアンペア数をきちんと確認しておきましょう。

 

オフィス物件の内覧の際に、ブレーカーに書かれたアンペア数をチェックすることも忘れずに確認しておくことも大切です。

 

もしもこれから探し始めるという人は、自社で使う電子機器を書き出して計算しておきましょう。

 

仲介をお願いする不動産会社の担当者に、事前に必要な電気容量を伝えておくと安心ですね。



必要な電気容量をきちんと計算してオフィスの仕事を円滑に


オフィスのコピー機


オフィスに必要なアンペア数は、必要な電子機器によって変わってきます。

 

主な電子機器の消費アンペア数は以下の通りです。

 

●デスクトップPC 1〜4アンペア

 

●レーザープリンター 2〜5アンペア

 

●シュレッダー 3〜6アンペア

 

●電子レンジ 6〜15アンペア

 

●電気ポット 9〜13アンペア

 

PCは台数によって必要な電気容量が変わってきますし、これ以外にもモニターやスキャナーなど、オフィスによって必要な電子機器はさまざまです。

 

また給湯室まわりの電気容量は意外とアンペアを必要とするので、万が一ブレーカーが落ちたときの危険回避策として電源回路を分散させることをおすすめします。

 

上記の消費アンペア数はあくまでも目安ですが、新しくオフィス物件を借りる場合はしっかり計算して、余裕のある電気容量を確保しておくことが大切です。



まとめ


オフィスを構えてから電気容量が足りないと分かった場合、増設するという選択肢もありますが、それなりの費用がかかりますし、そもそもオフィスの入るビルの電気容量に余裕がなく増設不可という場合も…。

 

トラブルが発生しない限り気にすることのない分、物件選びの意外な盲点ともなる電気容量の確認をしましょう。

 

オフィス物件探しの重要なポイントとして、ぜひ覚えておいてくださいね。


 


株式会社ダク・エンタープライズでは、新橋駅の貸事務所・賃貸オフィス探しをはじめ、港区エリアを中心に物件探しをお手伝 いしております。

事業用不動産に関することなら、当社までお気軽にお問い合わせください。


弊社へのお問い合わせはこちら




≪ 前へ|集会室や体育館などの施設が利用できる港区の港勤労福祉会館とは   記事一覧   丸の内オフィス街で行われる「企業対抗イベント」のご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


NCKビル

NCKビルの画像

賃料
41.8781万円
種別
事務所
住所
東京都文京区本郷3丁目3-11
交通
御茶ノ水駅
徒歩4分

ザ・パークハウス渋谷美竹

ザ・パークハウス渋谷美竹の画像

価格
1億2,480万円
種別
中古マンション
住所
東京都渋谷区渋谷1丁目17-6
交通
渋谷駅
徒歩5分

トーシン信濃町駅前ビル

トーシン信濃町駅前ビルの画像

賃料
39.5604万円
種別
店舗一部
住所
東京都新宿区信濃町34
交通
信濃町駅
徒歩1分

ハウス長澤

ハウス長澤の画像

賃料
7万円
種別
マンション
住所
東京都渋谷区広尾5丁目9-23
交通
広尾駅
徒歩6分

トップへ戻る