港区や新橋駅周辺の賃貸事務所 > ブログ記事一覧 > 「中小企業における新興感染症対策 ~新型インフルエンザへの対応を通じて得られた教訓~」

「中小企業における新興感染症対策 ~新型インフルエンザへの対応を通じて得られた教訓~」

≪ 前へ|オフィスで情報が漏洩している!? 情報漏洩を防ぐためにできること   記事一覧   港区で働いている方におすすめ!新橋にある人気の絶品ラーメン店2選|次へ ≫
カテゴリ:健康経営


新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が進行しており、日本においても各企業で感染防止や事業継続への備えをしておくことが重要です。

2009年の新型インフルエンザ流行の後、私どもは厚生労働科研費研究班を立ち上げ、大小様々な企業における感染対策やBCPのレビューを行いました。新興感染症流行への備えとして参考になる情報が含まれておりますので、その報告の一部を紹介させて頂きます。

 

まず、企業規模を問わず、①最終意思決定者、②外部(例:病原性の情報)・内部(例:社内発症数)情報の収集体制、③感染管理(感染予防策と拡大防止)、④事業継続に及ぼす影響の評価に関する準備は、新興感染症流行に対する備えとして最低限必要なものと言えます。


ここで、最終意思決定者とは、新興感染症の流行期に、事業を継続することにより従業員や訪問者等が感染するリスクと、経営存続のために収入を確保する必要性を勘案して事業継続のレベルを決定する最終判断者のことを指します。


②外部情報とは、病原性に関する情報等、事業継続のレベル決定や感染予防策の実施に必要となる社外の資源から得られる情報のことを指します。


また、内部情報とは、社内の感染者数等、感染拡大防止に重要となる社内の資源から得られる情報のことを指します(詳細は表を参照してください)。


③感染管理とは、うがい・手洗い・消毒・発熱者の出社自粛等の感染予防策のことを指しますが、対策を実施するための教育・マニュアル・衛生用品の準備等も含まれます。


④事業継続に及ぼす影響の評価に関する準備では、資金繰りなども含めて、事業にどのような影響が出るのかをあらかじめ想定しておくことが重要となります。

 

中規模企業では、大企業で準備しているような詳細な危機管理計画などがなくても、経営者のリーダーシップの下で臨機応変な対応が取られることが期待できますが、意思決定に必要な情報の収集や解釈に課題があります。そのため、嘱託産業医の関わりを強化することが重要となります。


小規模企業においては、嘱託産業医の関わりが期待できないため(産業医選任義務がないため)、市役所や保健所などの行政機関や地域産業保健センターからの適切な情報提供が望まれます。


また、企業規模が小さくなるほど経営者の役割が重要となるため、経営者の代替機能の検討が、④事業継続に及ぼす影響の評価の中では優先度が高い項目となります。


なお、小規模事業所では嘱託産業医の関わりが期待できないことを記載しましたが、弊社では小規模企業向けサービスメニュー(経営者への相談対応等を含む)を用意しておりますので、産業医サービスにご興味のある方はぜひ弊社ホームページ


http://www.oh-supports.com/)にアクセスしてみてください。

 

出典:和田ら. 新型インフルエンザ発生時に企業に必要な感染対策に関する意思決定とそのための情報. 産業衛生学雑誌20125477-81

 


≪ 前へ|オフィスで情報が漏洩している!? 情報漏洩を防ぐためにできること   記事一覧   港区で働いている方におすすめ!新橋にある人気の絶品ラーメン店2選|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


リバーサイドバレル

リバーサイドバレルの画像

賃料
8.8万円
種別
マンション
住所
東京都江東区牡丹3丁目13-4
交通
門前仲町駅
徒歩3分

KSビル

KSビルの画像

賃料
38.522万円
種別
事務所
住所
東京都千代田区麹町4丁目5-20
交通
麹町駅
徒歩1分

トーシン信濃町駅前ビル

トーシン信濃町駅前ビルの画像

賃料
39.5604万円
種別
店舗一部
住所
東京都新宿区信濃町34
交通
信濃町駅
徒歩1分

酒井ビル

酒井ビルの画像

賃料
26.3076万円
種別
事務所
住所
東京都港区新橋4丁目27-10
交通
新橋駅
徒歩6分

トップへ戻る