港区や新橋駅周辺の賃貸事務所 > ブログ記事一覧 > 「小規模事業所のメンタルヘルス対策①」

「小規模事業所のメンタルヘルス対策①」

≪ 前へ|新橋エリアで焼肉を深夜まで楽しめるおすすめの名店を紹介!   記事一覧   新橋駅のもつ鍋が美味しい!サラリーマンの聖地を探訪!|次へ ≫
カテゴリ:健康経営

 


小規模事業所のメンタルヘルス対策についてお伝えさせて頂きます(大きなテーマですので、何回かに分けてお伝えさせて頂きます)。


職場のメンタルヘルス対策を進めることで、不調者が出た際に迅速に対応できるだけでなく、働きやすい職場づくり、メンタル不調の発生防止、生産性の向上などにもつながっていきます。


しかしながら、2012年の東京商工会議所の調査によると、従業員数50人未満の小規模事業所におけるメンタルヘルス対策実施率はわずか17.8%に留まっており、300人以上の大規模事業所の実施率71.4%とは大きな開きがあることが分かっております(図)。では、なぜ小規模事業所ではメンタルヘルス対策が普及していないのでしょうか?


そもそも小規模事業所ではメンタルヘルス不調者が出にくいから?確かに人数規模が少なくなるとメンタル不調者数も少なくなり、そう頻回に問題が起こるものではないと思います。


しかしながら、私どもが小規模企業経営者を対象に実施した調査では、約70%が従業員のメンタルヘルス不調の問題で困った経験があることが分かっております。


厚生労働省の調査では、2008年の段階でうつ病の患者数は100万人を超え、現在も増加傾向にあることがわかっており、小規模企業であってもメンタルヘルスの問題と無縁であり続けることはないのかもしれません


小規模企業でメンタルヘルス対策が進まない原因の一つとして、企業側が何をどのように進めたらよいか分からない状況にあること、そしてメンタルヘルス対策のサポートをしてくれる専門職(産業医等)の関わりが非常に少ないことがあるのではと考えております。


まだまだ数は少ないのですが、地域産業保健センター(地区医師会単位で設置)、各種産業医事務所など、小規模事業所のメンタルヘルス対策をサポートしてくれる機関もあり、企業にとっても信頼できる相談先をもっておくことは重要と思われます。


なお、弊社におきましても小規模事業所向けサービスメニューを用意しておりますので、ご興味のある方はぜひ弊社ホームページ(http://www.oh-supports.com/)にアクセスしてみてください。


≪ 前へ|新橋エリアで焼肉を深夜まで楽しめるおすすめの名店を紹介!   記事一覧   新橋駅のもつ鍋が美味しい!サラリーマンの聖地を探訪!|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


水野ビル

水野ビルの画像

賃料
44万円
種別
事務所
住所
東京都中央区銀座1丁目15-14
交通
銀座一丁目駅
徒歩3分

大門アーバニスト

大門アーバニストの画像

賃料
60.4796万円
種別
店舗一部
住所
東京都港区芝大門2丁目3-6
交通
浜松町駅
徒歩6分

第14大協ビル

第14大協ビルの画像

賃料
10.5万円
種別
事務所
住所
東京都千代田区神田和泉町3-11
交通
秋葉原駅
徒歩5分

瀧山ビル

瀧山ビルの画像

賃料
47.0694万円
種別
事務所
住所
東京都港区浜松町1丁目19-5
交通
浜松町駅
徒歩3分

トップへ戻る