港区や新橋駅周辺の賃貸事務所 > ブログ記事一覧 > 貸事務所・賃貸オフィスの契約を検討しているなら知っておきたい「共益費」とは?

貸事務所・賃貸オフィスの契約を検討しているなら知っておきたい「共益費」とは?

≪ 前へ|品川駅周辺でデリバリー対応が可能な揚げ物店2選をご紹介!   記事一覧   六本木でテイクアウトができるイタリアンのお店2選|次へ ≫
カテゴリ:事例

貸事務所・賃貸オフィスを借りる際、「共益費」や「管理費」など家賃とは別に支払うお金がありますが、それらが実際にどういった目的で使われているのか知っていますか?


この記事では、貸事務所・賃貸オフィス契約を検討されている方向けに、「共益費」についてご紹介していきたいと思います。


オフィス


貸事務所・賃貸オフィスの「共益費」とは?


「共益費」とは、賃貸において共同で利用し、利益を受ける場所を維持するための費用です。


オフィスを借りる際、さまざまな企業が入居しているビルなどの一角を賃貸として借りる場合が多いです。


建物内には、玄関やエレベーター、階段、廊下など他の企業の人々と共同で利用する場所が存在しますよね。


これらの設備は、入居者が共同で利益を受ける場所です。


特にエレベーターは定期的にメンテナンスをする必要があるので、メンテナンス代がかかります。


ほかにも、階段や廊下の清掃や防災設備、警備などのセキュリティに関する費用も必要です。


維持費である「共益費」を支払うことで、エレベーターやきれいに清掃された廊下などを利用できます。


「共益費」は、賃貸の共有部分を維持管理するためにかかる費用だと覚えておきましょう。

 

貸事務所・賃貸オフィスの「共益費」と「管理費」の違いとは?


「共益費」と似た意味を持つ言葉に「管理費」がありますが、これらには明確な違いがあります。


「管理費」とは、ビルなどの建物全体の管理費用のことです。


そのため、建物自体が経年劣化した場合の工事費用は、「管理費」でまかなうことになります。


また、建物を管理している管理会社の運営費用にもあてられます。


「共益費」や「管理費」を物件紹介のチラシなどで確認すると、家賃と分けて記載されていることが一般的です。


そのため、支払いの際も家賃と別にされると思われるかもしれませんが、基本的には、家賃と一緒に支払うことになります。


そのため、定義上は賃料ではありませんが、実質的には賃料の一部だとみなされています。

 

「共益費」と「管理費」を含めた金額を、家賃だと考えておくのが良いですね。


賃貸オフィスを借りる際には、「管理費」は毎月賃料と別に支払っていくので共益費と同じ取り扱いにはなりますが、両者の意味は異なることを覚えておきましょう。


まとめ


「共益費」は共有部分の維持費、建物自体の工事や管理にかかる「管理費」は、建物自体の工事や管理にかかる費用として違いがあります。


どちらも貸事務所・賃貸オフィスを借りる際に必要となる費用ですので、把握しておきましょう。


株式会社ダク・エンタープライズでは、新橋・虎ノ門・港区エリアの貸事務所・賃貸オフィスを多数取り扱っております。


事業用不動産に関することなら、当社までお気軽にお問い合わせください。


≪ 前へ|品川駅周辺でデリバリー対応が可能な揚げ物店2選をご紹介!   記事一覧   六本木でテイクアウトができるイタリアンのお店2選|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


上野富士ビル

上野富士ビルの画像

賃料
83.6万円
種別
事務所
住所
東京都台東区東上野5丁目1-8
交通
稲荷町駅
徒歩1分

瀧山ビル

瀧山ビルの画像

賃料
61.4873万円
種別
事務所
住所
東京都港区浜松町1丁目19-5
交通
浜松町駅
徒歩3分

リバーサイドバレル

リバーサイドバレルの画像

賃料
8.3万円
種別
マンション
住所
東京都江東区牡丹3丁目13-4
交通
門前仲町駅
徒歩3分

リバーサイドバレル

リバーサイドバレルの画像

賃料
8.8万円
種別
マンション
住所
東京都江東区牡丹3丁目13-4
交通
門前仲町駅
徒歩3分

トップへ戻る