港区や新橋駅周辺の賃貸事務所 > ブログ記事一覧 > 社員のメンタルヘルス不調への気づき

社員のメンタルヘルス不調への気づき

≪ 前へ|【東京駅周辺 貸店舗】 いづみやビル(中央区日本橋3-3-3)   記事一覧   【三田駅周辺 貸事務所・賃貸オフィス・貸店舗】 やまとビル(東京都港区芝浦3-12-2)|次へ ≫
カテゴリ:健康経営


コロナ禍において、今までになかったストレスを抱えこんでしまっている従業員も少なくないものと思われます。


中には、メンタルヘルス不調を生じているものもいるかもしれません。


社員のこころの不調に管理監督者が早めに気づき、早期の対応を行っていくことは職場のメンタルヘルスケアの中でも非常に大事なポイントとなります。

 

管理監督者が部下の不調に気付くきっかけは、その部下の「変化」に気づくことです。代表的な「変化」の例を以下に列挙します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・遅刻・早退・欠勤が増えた


・パフォーマンスの低下、ミスが目立つ


・報告・連絡・相談が少なくなった


・身だしなみが悪くなった


・元気がなく、表情が乏しくなった


・口数が減った(または増えた)


・些細なことで腹を立てるようになった

~~~~~~~~~~~~~~~~~~



 変化に早く気づくためにも、従業員との日頃からのコミュニケーションは欠かせません。


また、管理監督者が気づかなくても、職場の同僚が変化に気づく場合もあります。


のような場合には早めに管理監督者に相談するよう、職場全体で助け合う風土を醸成しておくことも重要でしょう。


 変化に気づいた管理監督者は、部下の話を丁寧に聴くように努めます。


決して詰問調になることなく、聴き役に徹することが部下の本音を引き出す上で重要となります。


プライバシーに配慮した環境で話を聴くことも大事です。その結果、専門家への相談が必要だと感じたら、産業医等の事業場内産業保健スタッフへの相談や、状況によっては外部の専門医への受診を促します。

 

管理監督者も何の予備知識もない状況では、メンタル不調者が職場で出た際にその役割を適切に果たすことは難しいかもしれません。


このためにも、教育研修の機会に管理監督者の役割や部下とのコミュニケーションのトレーニングを行っておくことも大事です。


事業場内の産業保健スタッフや外部の専門家(産業医等)を活用して、定期的な教育研修の機会を持つようにしましょう。

 

≪ 前へ|【東京駅周辺 貸店舗】 いづみやビル(中央区日本橋3-3-3)   記事一覧   【三田駅周辺 貸事務所・賃貸オフィス・貸店舗】 やまとビル(東京都港区芝浦3-12-2)|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


トーシン信濃町駅前ビル

トーシン信濃町駅前ビルの画像

賃料
39.5604万円
種別
店舗一部
住所
東京都新宿区信濃町34
交通
信濃町駅
徒歩1分

ハウス長澤

ハウス長澤の画像

賃料
7万円
種別
マンション
住所
東京都渋谷区広尾5丁目9-23
交通
広尾駅
徒歩6分

いづみやビル

いづみやビルの画像

賃料
275万円
種別
店舗一部
住所
東京都中央区日本橋3丁目
交通
東京駅
徒歩3分

ANNEX市谷

ANNEX市谷の画像

賃料
11万円
種別
マンション
住所
東京都新宿区市谷砂土原町1丁目2-48
交通
市ケ谷駅
徒歩5分

トップへ戻る